タグ別アーカイブ: ばね指

ばね指

手指を頻繁に使う中年期以降の女性が発症することが多いのが特徴で、ばね指は、一度伸ばしたり、曲げたりすると元に戻らなくなってしまい、無理に戻そうとすると痛みを伴うことが多くあります。 朝起き抜けに症状がよく現れます。

症状

発症する場所としては、親指が最も多く、50歳代、60歳代の女性に多いのが特徴です。 指を曲げるときにゆっくりと指を動かすことができなくなり、急激にバネのように曲がってしまうため、ばね指と呼ばれています。 また、症状がひどくなると、関節がうまく動かせなくなってしまいます。

特に女性の罹患率が高い理由としては、細かい手作業をする場合が多いためと考えられています。その他にもパソコンのタイピングが多い方もなります。

原因

手足の筋肉はその先端が腱といって、細くなって骨に付いています。 その腱がなめらかに動くように、腱鞘という腱が通っている管がありますが、その手指の腱鞘が炎症を起こすと、腱鞘の内径が狭くなってしまい、腱が滑らかに動かなくなってしまいます。

以上のような原因により、本来ならば自分の意志で自由に動かせる指がうまく動かなくなっている状態が、ばね指と呼ばれている病気です。

治療法

ばね指の方に試してもらいたい治療法は、朝起きて曲がっている状態の指を無理に伸ばそうとせず、洗面器などに温かいお湯を張り、その中に手を入れてゆっくりと握ったり伸ばしたりするストレッチを試すことをおすすめします。

その他の治療法としては、テーピングでの固定、その筋肉自身とかばった筋肉に電気療法(低周波・干渉波・ライズトロン)・手技療法などがあります。 急性期には外科手術によって腱鞘を切開し、腱が滑らかに動くようにすることもあります。