タグ別アーカイブ: ヘバーデン結節

ヘバーデン結節

ヘバーデン結節は手指の第一関節にのみ発症し、関節が腫れ、痛みもあります。 場合によっては、爪までも変形することもある病気です。 ヘバーデン結節は左右の手指に対象に発症することもあり、主に40歳代以降の女性が多く、原因は解明されていません。

症状

手指の第一関節のみに腫れや変形が現れるのが特徴です。その他の関節が腫れたり、変形したりするときは、リウマチなどの可能性が高くなります。 遺伝や女性ホルモンが関係しているという説がありますが、定かではありません。

さらに、痛みによって指に力をいれることが難しくなるため、物がつかめなくなり、日常生活にも支障をきたすことがあります。

治療法

治療法として、まずは指の固定です。テーピングなどによって指の第一関節を固定します。 固定することによって、痛みも軽減される場合もあります。

その他の治療法としては、電気療法(干渉波、低周波)、手技療法などがあります。痛みが強いようであれば整形外科にて消炎鎮痛剤の投与などもあります。自分でできる治療法としては、指を弱めにそっと伸ばしたりするストレッチが有効です。

症状があまりにもひどい場合には外科手術によって、関節を固定する場合や、関節を成形する方法、関節の腫れの原因である関節液を取り除いたりする方法があります。

予防法

ヘバーデン結節の予防法としては、関節の痛みを感じる時には安静にしていることが大切です。 やむを得ず指を使わなければならない時には、テーピングなどによって関節を固定しましょう。

ヘバーデン結節は指の病気ですが、体全体を使ってストレッチや体操などをすることもおすすめします。体を使うことによって指への血行も促進されます。 指を使ったストレッチとしては、「結んで、開いて」を行うことも手指の血行を促進するために有効です。