タグ別アーカイブ: 捻挫

手関節捻挫・TFCC・三角線維軟骨複合体損傷

手関節捻挫はその名の通り手の関節に起こる捻挫です。主に手を無理に捻る動作を繰り返すことで起こりもので、テニスや野球など手を使うスポーツでよく起こる疾患です。

なお、捻挫とは骨と骨をつないでいる靭帯が過度な動きに絶えられず、伸びたり切れたりすることをいいます。そのため手首だけでなく足首、肘、膝など靭帯がある部分であればどこにでも起こり得る疾患なのです。

原因

手の関節で捻挫を起す場合、その多くが手首をねじる動作を繰り返したり、転んだときに手をついてしまった際に起こります。テニスや卓球、ゴルフなどのようにスピンを掛ける動作が多いスポーツで起こりやすい怪我なのです。

本来、捻挫とは靭帯を損傷することを表していますが、手には指、指の骨を支える骨、手のひらの骨、手首の骨と様々な骨から構成されており、その骨は靭帯で繋ぎ合わせています。 手に靭帯が多い以上、損傷することも多いので。また、手首を捻る動作を繰り返すことで靭帯だけでなく、骨と骨の摩擦を防いでいる軟骨をもすり減らすことにもなります。

症状・検査法

手関節捻挫の症状は痛みですが、何もしなくても痛いということは少なく、手をついた時や、ドアノブを回すとき、お風呂の湯を汲む時などに手首が痛くなります。適切な処置を施せば比較的短時間で回復していきますが、三角線維軟骨(TFCCとも言います)のように血行の悪い部分を損傷してしまうと痛みの後遺症が残ることもあります。普段、痛みが出てないため、ほっておきがちなので症状が酷くなることがあります。

捻挫かどうかを見極めるには「尺骨頭ストレステスト」を行います。 これは手を開いた状態で手首を小指側に曲げる動作をし、手を内外に回したり押し込んだりときに痛みがあるかを確認する検査方法です。 これで痛みを感じるのであれば靭帯を痛めている可能性があります。

治療法

捻挫の治療は部位に関係なく安静、冷却、圧迫、高く挙げることを組み合わせ、筋肉の緊張と靭帯の炎症を緩和していくことが基本になります。これらの動作は頭文字を取ってRICEと呼ばれています。

RICEは捻挫だけでなく、骨折、打撲にも有効な治療法なので覚えておくといいでしょう。 RICEが終わると、テーピング、包帯、ギブスなので患部を固定していきます。 痛みが酷い場合には電気療法(干渉波・低周波・ライズトロン)、手技療法が有効です。

ショパール関節捻挫・リスフラン関節捻挫

ショパール関節捻挫、リスフラン関節捻挫は足の甲にある小さな関節内で靭帯の損傷が起こり、足の甲に痛みの症状を起こす疾患です。

断裂の程度によりますが、基本的にはリハビリをしっかり行わないと痛みが治まることはありません。 重症化すると他の靭帯にも損傷が起こる合併が起こりますので注意しましょう。

原因・症状

ショパール関節、リスフラン関節はいずれも足にある小さな関節で、中央部にあるのがリスフラン関節、後方部にあるのがショパール関節になります。(ちなみに学生時代に「内のものを外にショリ」って覚えたのを思い出しました)

階段の昇り降りやジャンプの着地などの際に足を捻ったり、つま先立ちの状態で上から負荷がかかってしまうとこの関節をつなげている靭帯が部分断裂を起こすことがあります。 これがショパール関節捻挫・リスフラン関節捻挫を起こす原因です。

現れる症状は足の甲の痛みです。この痛みは歩行や運動時に起こり、安静にしていると治まります。治療をせず放置すると衝撃を吸収する土踏まずが機能しなくなります。 吸収しきれない衝撃は外側靭帯にかかり始め、最終的に外側靭帯も損傷することになります。

治療法

捻挫だからと甘く見てはいけません。捻挫とは靭帯が部分的に断裂している状態のため、放置することで断裂が広がり、最悪の場合、治療に手術が必要になることもあります。 悪化させないためにも必ず治療を受けるようにしましょう。

関節捻挫の治療では患部を冷やし、負荷がかからないように包帯や、サポーターなどで固定をします。 靭帯がくっつくまで運動は控えめにしましょう。 同時進行で、電気療法(干渉波・低周波)や手技療法などを受けると血行が促進され回復を早めることができます。