タグ別アーカイブ: 肉離れ

背中の肉離れ

背中の肉離れは背中にある僧帽筋などに局所的な肉離れを起こす疾患で、背中の片側に引き裂かれるような鋭い痛みを伴います。

強い捻りや回転動作を伴うサッカーや、アイスホッケーなどでよく見られる疾患です。 なお、肉離れは断裂の程度により痛みの程度や治療方法が異なる特徴があります。

原因・症状

背中で肉離れを起こす場合、その多くが「僧帽筋」や「広背筋」の端の部分で起こります。 この部分に肉離れを起こす原因は激しい捻りや回転動作を繰り返し行うことです。 これにより筋肉の緊張が限界に達し、断裂を起こしてしまうのです。

そもそも肉離れとは筋繊維が断裂している状態をいい、断裂の程度を数字で表します。 まず、ほぼ断裂がないものはⅠ、筋肉の部分断裂があるものをⅡ、筋肉が完全断裂したものをⅢと分類していきます。

肉離れの症状は分類ごとに異なりますが、どの状態にも共通して激しい痛みが伴います。 その痛みを引き裂かれるような激しい痛みと表現する人もいます。 また、断裂が深くなると断裂部に陥没が起こることもあります。

治療法・予防

軽度の肉離なら安静(Rest)、冷却(Ice)、圧迫(Compression)、挙上(Elevation)を合わせたRICEで応急処置を施します。この後は、テーピングなどで患部を固定します。この際、血行を促進するために周囲筋を弛緩させる手技療法や電気療法をすると回復を早めることが期待できます。

一度肉離れを生じると筋肉は極端に痩せてしまうため大幅な筋力低下が起こります。 運動を再開するまでには相当の時間を要します。肉離れを起こさないためにも運動前・後には必ずストレッチを行いましょう。

ハムストリング・大腿二頭筋炎症

ハムストリング・大腿二頭筋炎症とは太ももの筋肉が筋肉疲労によって異常収縮を起こし、筋肉の端の部分が炎症を起こす疾患です。

走る、ジャンプする、止まるなどの激しい動作を求められるスポーツで起こりやすく、炎症を放置し運動を続けてしまうと肉離れや膝関節の障害を生じることもあります。 痛みは太ももの裏側、腰周辺に生じ、主に座った際などに痛みを感じます。

原因・症状

大腿二頭筋とは股関節を伸ばす動きや膝を曲げる時に使う筋肉で、太ももの裏側を支えている筋肉です。ちょうど大腿四頭筋の逆側に位置しています。 そのため、ひざを伸ばす動作時には大腿四頭筋が収縮し、同時に大腿二頭筋は伸びるという逆の役割を担う関係にあります。この大腿二頭筋と半腱様筋、半膜様筋の3つの筋肉をまとめて「ハムストリング筋」と呼ばれています。

炎症を起こす原因は瞬間的に強い力で筋肉を収縮させることです。 具体的には短距離走のスタート時、急な方向転換、急なストップ動作などがあげられます。 炎症による痛みの症状は、膝の裏や太ももの裏側、腰などにも表れます。

治療法・予防法

ハムストリングや大腿二頭筋が炎症を起こしている場合、応急処置として安静(Rest)、冷却(Ice)、圧迫(Compression)、挙上(Elevation)を合わせた「RICE」を行います。 その後は炎症が治まるまで電気治療や周囲筋への負担をかけないように手技療法などをして、安静にし、痛みが引いた段階でストレッチと、傷ついた筋肉自体を古傷を取るように手技療法などを始めていきます。

ストレッチは太ももの裏側を伸ばすものが効果的です。なお、ストレッチは異常収縮した筋肉の緊張を和らげるだけでなく、筋膜炎の予防にも非常に効果的な方法のため、普段からスポーツしている人は必ず行うようにしましょう。ストレッチで痛みが出る場合間違ったやり方をしている事が考えられますのでわからないときは聞いてください。

大腿四頭筋の肉離れ

大腿四頭筋の肉離れは太ももの筋肉が急激な動作を繰り返すことで肉離れを起こす疾患です。刺すような鋭い痛みが生じ、その痛みから運動を継続することは難しくなります。 主にバスケットボールやランニング、サッカーなど急なストップとスタートを繰り返す運動で起こりやすい疾患です。

原因・症状

大腿四頭筋は大腿直筋、外側広筋、内側広筋、中間広筋の4つから構成された太ももの筋肉で、人間の体の中でもっとも強い筋肉です。

この筋に肉離れを起こす原因は、筋肉の収縮動作を強い力で尚且つ急激に行うことで起こります。 そもそも肉離れとは筋肉の部分的な断裂、もしくは完全断裂を意味しています。 つまり太ももの筋肉が切れてしまう症状です。具体的にはランニングのスタート動作、急な方向転換、急なストップ動作などがあげられます。

肉離れを起こした際の症状としては程度に関係なく激しい痛みを伴います。 一部断裂であれば歩行を続けることも可能ですが、断裂が深く、複数個所にある場合は非常に激しい痛みが出るため自力での歩行はほぼ不可能です。また、この場合には患部に陥凹が確認できます。

治療法・予防法

肉離れの治療は応急処置として患部を冷やすことから始まります。その後は包帯で固定し筋肉の痛みを落ち着かせます。しかし、肉離れ後は筋肉が痩せ、硬くなり、筋力の低下が必ず起こるため、運動再開まで時間がかかります。少しでも早く戻れるようにリハビリや筋肉の硬結を取ったほうがよろしいです。ちなみに、筋肉の硬結(硬くなったところ)は、古傷ですので、ほっておいたりしても、なかなか良くはなりません。 スポーツを普段からする人は運動前にストレッチをすることで肉離れを予防することができます。 ストレッチの方法は立った状態もしくは、うつぶせで片脚の膝を曲げて、踵が自分のお尻にくっつけるものなどあります。